活動内容

  • 生誕120周年記念 近衞秀麿 再発見 シンポジウム、トークコンサート、資料展示

    日時

    2018年7月28日(土)13:00~17:00(開場12:30)

    場所

    明治学院大学白金校舎 アートホール

    講師

    シンポジウム

    モデレーター:岡部 真一郎(明治学院大学教授)

    参加者:岩野 裕一(編集者・音楽ジャーナリスト)

    近衞 一(近衞音楽研究所理事長)

    三枝 まり(小田原短期大学特任講師)

    楢崎 洋子(武蔵野音楽大学教授)

    西原 稔(桐朋学園大学教授)

    藤田 由之(指揮者・音楽評論家)

    水谷川 忠俊(近衞音楽研究所)

    出演

    トークコンサート

    水谷川優子(チェロ)

    マーク・ゴトーニ(ヴァイオリン、ベルリン芸術大学教授)

    黒田亜樹(ピアノ)

    詳細

    近衞秀麿(1898~1973)は、近代日本の西洋音楽受容の黎明期に活躍し、国内ではとりわけオーケストラの歴史において重要な貢献をした人物です。しかしその活動は今日、広く知られているとはいえません。本イベントは、シンポジウム、トークコンサート、資料展示を通して近衞秀麿および彼が活動した時代の音楽事情を再考し、参加者にとって新たな発見の機会となることを目指すものです。

    近衞研究においては目下、資料のデータベース化が進められていますが、一次資料等が一般公開される機会は限られているため、本企画はその点でも意義のあるものです。シンポジウムでは、演奏家、研究者などさまざまな立場の人々が近衞秀麿について語り、トークコンサートでは近衞秀麿の音楽が室内楽で再現されます。当日の資料展示のほか、資料に基づいて近衞秀麿の足跡をたどる6日間のパネル展示を行います。

    https://konoyefoundationof.wixsite.com/mysite-1/event

    会費

    無料(事前申し込み制)

    ※ベルク協会の会員の方のお申し込み方法は、別途お送りするご案内をご覧ください。

    主催

    明治学院大学文学部芸術学科・文学部言語文化研究所 近衛音楽研究所

    共催

    日本音楽学会東日本支部

    日本アルバン・ベルク協会

    お問い合わせ

    「生誕120周年 近衛秀麿 再発見」実行委員会

    2018event.konoye@gmail.com

  • I:「フィリップ・グラス『ピアノ・エチュード』試論 ——ミニマリズム、調性、ナディア・ブーランジェ 」 II:「P.ブーレーズと詩の邂逅:《力のための詩》(1958)をめぐる考察 」

    日時

    2018年6月2日(土) 18:40〜

    場所

    東京文化会館 中会議室1

    講師

    I:高橋智子(東京藝術大学音楽学部特任助教)

    II:東川愛(ソルボンヌ大学 博士、音楽学)

    司会

    沼野雄司

    詳細

    ベルク協会新年度の第一弾は、若手お二人の音楽学者、高橋智子氏、東川愛氏による講演です。それぞれアメリカ実験音楽、フランス前衛音楽の専門家として活躍されていますが、今回はそのエッセンスを分かりやすく披露していただきます。かなり強力な2本立てですので、ぜひふるってご参加ください。

    会費

    会員:無料

    非会員:1000円

    お問い合わせ

    日本アルバン・ベルク協会
    E-mail: aberggj1985アットmb.infoweb.ne.jp(担当:石井)

△ TOP